二重整形ブログ。 二重埋没法の腫れやダウンタイム(術後経過)がわかるブログ6選!内出血や痛み・二重幅の変化はどれくらい?

あいのり桃が鼻も美容整形し理由説明。二重まぶた施術に続きブログで公表、ネットの反応は…ビフォーアフター画像あり

二重整形ブログ

絵描きでもさ、サッと美しい絵を描ける人もいれば、絵具を塗り重ねて汚くしちゃう人もいるでしょう。 それと同じですよ。 あとね、美人にする手術は一発勝負なの。 何度もいじくりまわすのはよくない。 でも、若くする手術は何度もやる必要があるよ。 高須「そうだよ。 時代によって流行が変わっていくし、ヘンなのが流行るしさ。 『アヒル口』だの、『デカ目』だのって全然いいと思わないもん。 誰にとっても、理想形は一緒。 トレンドに左右される心配もないし、施術するほうは気楽ですよ。 かなりマズいね。 そもそも、美人というのは『バランスが整っている顔』を指すんです。 美人と不美人の差って、ほとんどなくて、要はバランスの問題だけ。 例えば、目が大きく、同じように鼻や口も大きければ、バランスがとれているから美人に見える。 でも、目が大きいのに、鼻が低く、おちょぼ口だとバランスがとれない。 日本人形とフランス人形はそれぞれ良さがあるけど、日本人形の顔に、フランス人形の鼻をつけるのはよろしくない。 バランスを整えるには、全部一度にやったほうがいい。 高須「あれは糸がほどけるんじゃなくて、顔がたるんでくるの。 反対側をやるときに、少しゆるめてください』と言うから、リクエストされた通りにやったら、あとから『もっと力いっぱい引っ張ってもらえばよかった!』って言いだすの。 もちろん、何年か分は若くなってて、満足もしてるんだよ。 でも、永久に若いままじゃないでしょ。 だから、たいてい『 次回はもっと、ギンギンに引っ張ってください』と言い出すの。 高須「マトモな医者であれば、いくら患者がリクエストしても断るよ。 でも、安さをウリにしてたり、オープンしたばかりの美容整形外科クリニックの中には患者さんの言いなりになっちゃうところもある。 目先の商売のことしか考えてないんだね。 『鼻を高くしたいから、たくさんヒアルロン注射を打ってください』と言われたら、『わかりました』とバンバン打つ。 そりゃ、クリニックは注射1本より、10本打つほうが儲かりますよ。 高須「そうそう。 患者さん自ら美容整形手術の陣頭指揮をとっていいことは何もありません。 一流ブティックに、自分で起こした型紙を持ち込んで『この通りに作って!』と強要してるようなもの。 でも、どうやってその願いをかなえるかを考えるのは、プロである美容整形外科医の仕事。 【高須克弥氏・プロフィール】 1945年生まれ、医学博士。 で美容外科の第一人者。 最新の美容技術を、自ら試して普及することでも有名。 著書多数、近著は『』 Kindle版)、『』 <TEXT/島影真奈美>.

次の

二重埋没法の腫れやダウンタイム(術後経過)がわかるブログ6選!内出血や痛み・二重幅の変化はどれくらい?

二重整形ブログ

美容整形大国でもある韓国では、整形をするのは当たり前といった雰囲気で、その流行は今や日本でも。 整形と一言で言っても、その箇所は様々。 例えば、鼻を高くしたり、お腹の肉を吸引したり、豊胸だったりと自分の持つコンプレックスをなくそうとしたり、憧れの人のようになりたいという願望に少しでも近づきたい思いで整形を行う人だったり、理由は様々あるようです。 今回は、そんな整形についてのお話し。 整形箇所は、まぶたです。 日本人は、二重の人に比べて一重の人の方が圧倒的に多い人種。 そのため、二重に憧れる人も多くいます。 二重にする理由としては、一重に比べて、二重の方がより目が大きく美しく見えるというのが、圧倒的に多い理由。 また、簡単に行うことができる施術のため、不安を抱かずにクリニックに出かけている人もいます。 ですが、そこには大きな落とし穴が。 医療に関しては世界でもトップレベルの日本ではありますが、美容整形では、失敗も多いようです。 それはまぶたにも同じことが言えるそう。 どんな失敗例が日本でもあるのか、実際に二重まぶたの整形をした人の体験談を参考に見ていくことにしましょう。 ここまで読んでみて二重整形は、必ず成功するものではないということを分かっていただけたでしょうか。 美容整形は、現在の日本でも、簡単にできる施術方法として当たり前の時代になりました。 でも、やはり初めて行うには不安だらけ。 ましてや失敗例ばかりを見ていると、施術を受ける気持ちにもなりません。 そこで、ここでは、二重整形の失敗する確率について少しお話します。 二重整形が失敗する確率は、全てのクリニックのホームページに記載されているわけではありません。 そのため失敗する確率というのは定かではないです。 クリニック側は、失敗の確率を避けるため、カウンセリングをとても重点的に行います。 施術を行う人がどんな二重にしたいのか、はもちろん、施術を行う人の目の特徴など事細かに調べます。 そのうえで、シミレーションを行い、理想の二重を作ってくれるのです。 それが、失敗しない確立につながり、逆に成功率を上げていることになります。 一度二重整形をすると、周りの人にバレるのではないかと不安になる人もいるでしょう。 確かに二重整形は、バレる確率が非常に高い美容整形の一つです。 ですが、それは実際に二重整形を行った人から見るとバレる、はたまた、昔から親しい人と久しぶりにあったときにバレるといったレベルではないでしょうか。 確かに、二重整形をすると目鼻立ちもすっきりとして、顔の印象も多きく変わりませす。 ですがそれは、その人を相手が知っているからこそ分かるもの。 知らない人の中では、パッと見だけでは、バレるということはありません。 もしバレる理由があるとしたら、それは、左右に差がある場合やまぶたが腫れてしまっているなどの、失敗例ではないでしょうか。 あまり、バレることを気にしていては、何のために二重にしたのか意味がありません。 そのため、あまり周りの目は気にしない方が良いのだと思います。

次の

整形で顔面崩壊する人とは?高須克弥院長が明かす「失敗パターン5つ」

二重整形ブログ

絵描きでもさ、サッと美しい絵を描ける人もいれば、絵具を塗り重ねて汚くしちゃう人もいるでしょう。 それと同じですよ。 あとね、美人にする手術は一発勝負なの。 何度もいじくりまわすのはよくない。 でも、若くする手術は何度もやる必要があるよ。 高須「そうだよ。 時代によって流行が変わっていくし、ヘンなのが流行るしさ。 『アヒル口』だの、『デカ目』だのって全然いいと思わないもん。 誰にとっても、理想形は一緒。 トレンドに左右される心配もないし、施術するほうは気楽ですよ。 かなりマズいね。 そもそも、美人というのは『バランスが整っている顔』を指すんです。 美人と不美人の差って、ほとんどなくて、要はバランスの問題だけ。 例えば、目が大きく、同じように鼻や口も大きければ、バランスがとれているから美人に見える。 でも、目が大きいのに、鼻が低く、おちょぼ口だとバランスがとれない。 日本人形とフランス人形はそれぞれ良さがあるけど、日本人形の顔に、フランス人形の鼻をつけるのはよろしくない。 バランスを整えるには、全部一度にやったほうがいい。 高須「あれは糸がほどけるんじゃなくて、顔がたるんでくるの。 反対側をやるときに、少しゆるめてください』と言うから、リクエストされた通りにやったら、あとから『もっと力いっぱい引っ張ってもらえばよかった!』って言いだすの。 もちろん、何年か分は若くなってて、満足もしてるんだよ。 でも、永久に若いままじゃないでしょ。 だから、たいてい『 次回はもっと、ギンギンに引っ張ってください』と言い出すの。 高須「マトモな医者であれば、いくら患者がリクエストしても断るよ。 でも、安さをウリにしてたり、オープンしたばかりの美容整形外科クリニックの中には患者さんの言いなりになっちゃうところもある。 目先の商売のことしか考えてないんだね。 『鼻を高くしたいから、たくさんヒアルロン注射を打ってください』と言われたら、『わかりました』とバンバン打つ。 そりゃ、クリニックは注射1本より、10本打つほうが儲かりますよ。 高須「そうそう。 患者さん自ら美容整形手術の陣頭指揮をとっていいことは何もありません。 一流ブティックに、自分で起こした型紙を持ち込んで『この通りに作って!』と強要してるようなもの。 でも、どうやってその願いをかなえるかを考えるのは、プロである美容整形外科医の仕事。 【高須克弥氏・プロフィール】 1945年生まれ、医学博士。 で美容外科の第一人者。 最新の美容技術を、自ら試して普及することでも有名。 著書多数、近著は『』 Kindle版)、『』 <TEXT/島影真奈美>.

次の