竹の子 えぐ み。 たけのこのアク抜きやえぐみって何?唐辛子を入れる理由と白いブツブツって何?

たけのこのあく抜き失敗後のやり直し方法と意外な苦味の取り方とは

竹の子 えぐ み

スポンサーリンク たけのこのあく抜きに失敗した時はどうする? 筆者が以前にあく抜きしたたけのこで煮物をしたときに、 エグミが強く残っていてのどがピリピリと痺れるような感じで とても食べられなかったことがあります。 その時に同時にあく抜きした残りがたくさんあり、 捨てるのはもったいなかったのでインターネットでいろいろと 調べてみました。 しかし、いくつかの方法はのっていましたが、 いまいち確実性のありそうな情報がなかったので 実際どうなのかを色々と試してみました。 時間が書いてなかったので丸1日やってみました。 というか、 もともと保存するのに水をはったタッパに入れてあったので、 そのまま継続しただけですなんですけどね。 期待していたんですが、 これもあまり効果がないように感じました。 多少エグミが弱くなりましたが、 大きな違いを感じるほどではなかったです。 もっと時間を長くしたら違ったかもしれませんが。 ただ、新鮮なたけのこ特有の風味が薄れてしまった感はあり、 歯ごたえ的にも少し柔らかくなり過ぎた感じはありますね。 しかし、一度処理したものの再あく抜きはできるのか? 重曹を一掴み入れた水で煮てみました。 重曹はあく抜き効果が高いようなので期待していましたが、 思った通りこれが一番効果が高く、エグミはまったく感じない ほど消えました。 すごい効果でしたね。 ただ、味気ない感じになってしまったのも事実で、 スーパーで売られている水煮と同じようなものになりました。 以上、4つの方法を試しましたが、 米のとぎ汁や重曹水で煮る方法はかなりの効果がありました。 どちらも風味は落ちてしまいますが、 エグミが強くて食べられないよりは何倍もいいですよね。 エグミがどの程度の強さで残っているかにもよりますが、 米のとぎ汁の方が風味は多少なりとも残っていましたので、 オススメは米のとぎ汁を使う方法です。 スポンサーリンク たけのこのあく抜きでえぐみが残った場合の美味しい料理法は? あく抜きに失敗してエグミが残ってしまったたけのこでも、 美味しく食べられる料理をご紹介します。 ポイントは、 油と味付けです。 油はあくを分解してくれるらしく、 炒め物や天ぷらなどにするとエグミの強いたけのこも 美味しく食べられます。 また、 味付けを濃くしてエグミをごまかす方法もあります。 通常よりもダシをきかせたり、濃い味付けにして料理を するとエグミが感じにくくなります。 肉団子のあんかけや、ハンバーグソースの味で エグミは感じませんし、歯ごたえが加わってかなり美味しかった ですよ。 まだ調理していない分は炒め物や天ぷらにするとして、 その調理してしまったエグイたけのこはもう捨てるしか ないでしょうか。 そんな時は、たけのこを薄くスライスして 片栗粉をまぶして揚げてみてください。 「たけのこチップス」のような感じですね。 少し厚めに切って 「たけのこのから揚げ」も いいかもしれません。 でもそんなたけのこも再あく抜きするか、 調理を工夫することによって、無駄にせずに 美味しく食べることができます。

次の

タケノコのえぐみの原因は?体に悪い!知らないままで料理は危険!

竹の子 えぐ み

たけのこの下ごしらえ たけのこは買ったらすぐに以下の要領で下ごしらえ(下ゆで)をしましょう。 まず全体を水で洗い、土を落とす。 穂先を斜めに切り落とす。 根元のイボが大きい場合は切り取り、皮の部分に縦に深く切り込みを入れる。 たっぷりの水に米ぬかと唐辛子を加えて水からゆでる。 竹串がスーと通るぐらい柔らかくなったら、ゆで汁の中でそのまま冷まし、皮をむいて水にさらす。 米ぬかは、米のとぎ汁や小麦粉で代用してもOKです。 目利きと保存のポイント 目利きのポイント たけのこは、皮全体が淡い黄色で、色つやがよいものが良品。 根元の切り口がみずみずしく白いもの、小型で重量感があり、ずっしりとしているものを選びましょう。 穂先が黒緑色のものは筋がかたく、えぐみが強いので避けた方がよいでしょう。 保存のポイント たけのこは、収穫後時間が経つほどにえぐみが増しますので、購入したらなるべく早く下ごしらえ(下ゆで)しましょう。 ゆでたたけのこは保存容器に入れ、かぶるぐらいの水を張って冷蔵庫で保存します。 たけのこはとにかく鮮度が一番、入手したらできるだけ早く調理することが肝心。 たけのこを煮ものにするときのポイントは、一気に味付けしないことです。 一気に味付けしてしまうと、煮汁ばかりが甘くて、肝心のたけのこは味気なくなってしまいます。 砂糖やみりんなどの甘い調味料は先に加え、しばらく煮こんで甘味が十分しみこんだあとに、しょう油や塩などを加えるようにします。 うちはもっぱら炊き込みご飯です。 たくさん刻んで鶏肉とおあげさんと一緒に炊き込みます。 筍の豚肉煮はおいしいです。 ひき肉との相性がいい。 たけのこは鮮度が命。 採りたてのたけのこを米ぬかで茹で、わさび醤油につけて食べるのが一番好きです。 筍の下茹でには米ぬかをアク抜きに使いますが、いまどきぬかはなかなか手に入らないという方は軽く一握りの生米で代用OKです。 たけのこの煮物で、えぐみを感じるときはやはり昔ながらの若竹煮で、わかめをいれるとえぐみはほとんど無くなります。 おそらく海藻に含まれる成分がえぐみを中和させるようでわかめ以外にも、あおさでも同様にえぐみがとれました。 ほかの海藻でも応用がきくと思います。 あおさとたけのこはとっても相性も良かったです。 たけのこはダイエットにいいんですよ。 繊維質が多くカロリーも低いです。 またカリウムを多く含んでいるためむくみや血圧の高い人にもいいですよ。 たかがタケノコですがされど筍ですね。 たけのこを普通に醤油味で煮て余ったら、てんぷらです。 ビールにグ~、ご飯にグ~です。 たけのこのガーリックバター炒めは最高のおつまみ!• 生の状態で皮をむかずに焼くと、筍本来の味が楽しめる!• 我が家では山椒の若葉をすりこ木ですって、甘味噌と合わせた「山椒味噌」をつけて食べます。 「筍の生ハム巻き」を紹介します!下処理して茹でた筍を上から見て放射状に8等分カットし、バジル、生ハムの順で巻いて行き、生ハムの部分に楊枝をさして止め、オリーブオイルでさっとソテーします。 好みでバジルソースやドレッシング、粉チーズなどをかけて頂きます。 ビールや白ワインにピッタリですよ。 たけのこは魚焼グリルで焼き目をつけて、しょうが醤油で食べるのが簡単でビールに合う。 たけのこは穂先は刺身で中間は煮物や炒め物、最後の固いところはみじん切りにして餃子やマーボ豆腐、コロッケと全て使い切ります。 私はタケノコの水煮をよく利用しますが、だし汁に浸し冷蔵庫で一晩寝かせてから、天ぷらにします。 いただくときは、岩塩を利用します。 とってもおいしいですよ。 たけのこを薄くスライスして、オリーブオイルで揚げた後、塩を好みでふりかけて、黒こしょうをふり、ピリ辛味のたけのこチップスを作る。 おつまみに最高です。 シンプルに煮込んでマヨネーズで食べる。 水煮のたけのこ、またはゆでたけのこをスライスし、味噌とみりんを合わせたものやマヨネーズを塗ってグリルで焼くだけでおいしいおいしいおつまみになります。 私は筍の刺身が好きで、春先には毎日のように食してます。 最近は少し『えぐみ』の残ったものを好んで食べます。 あくを完全に抜いたものは勿論美味しいですが、春には『えぐみ』が残ったほうが『季節』を感じられるので。 たけのこは、掘ったらすぐぬかでゆで、料理に合う大きさに切って冷凍します。 すると、いつでも手軽にたけのこを使えます。 おすすめは、たけのこを薄くスライスし、たけのこ入りぺペロンチーノです。 超お薦め料理が「焼きたけのこ」。 ゆがいたたけのこを、魚焼きグリルで(時間のないときはフライパンでもOK)軽く焼き色がつくまで焼きます。 あとは、塩でもポンズでもしょうゆでもお好みで。 何よりもたけのこ本来の香り・味が楽しめます。 その上、超簡単クッキングです!• お勧め!!レシピ 大葉とのりで巻いて てんぷら。 ゆずぽんで食べる。 生クリームだけを使った、たけのこと空豆、菜の花のグラタン。 筍といかの塩辛で、炒めるといかの塩辛がアンチョビ代わりになり、お酒のあてにもってこいです。 たけのことお麩を一緒に煮るととってもおいしいです!• ごま油と天然塩で茹でたてをつけて食べてみてください。 酒かなりすすみます!!• パスタソースと和えると色々な味わいが楽しめて飽きません。

次の

タケノコのえぐみの原因は?体に悪い!知らないままで料理は危険!

竹の子 えぐ み

もくじ• えぐみの少ないたけのこを選ぶ• 正しくアク抜きをする これらのポイントを意識しながら、以下の手順を参考に実施しましょう。 ・・・が、その前に。 なるべく、 えぐみの少ないたけのこを選びましょう! おすすめは、こんなたけのこです。 新鮮なもの• 小さめなもの たけのこは、時間の経過とともに、えぐみが増します。 なので、朝にとれた新鮮なものを、 なるべく早く調理するのがおすすめです。 また、大きくなったたけのこは、えぐみや、硬さが残りやすいです。 えぐみを減らしたい!という場合は、 小さめのものをチョイスしましょう。 アク抜きのポイント 画像引用元: たけのこを選んだら、実際に アク抜きをしていきます。 以下の手順を参考にすると、おいしいたけのこが出来上がります。 スポンサーリンク えぐみが残ったときは、どう調理する? 気をつけてアク抜きをしても、えぐみが残ってしまうときって、ありますよね。 ピンチはチャンスです。 むしろ、もっと美味しく仕上げちゃいましょう! ここでは、えぐみが残ってしまったときのおすすめ調理法を紹介します。 油を使った料理にする 油を使った料理にすることで、たけのこのえぐみは感じにくくなります。 中華料理っぽく、ごま油で炒めたり、天ぷらにするのがおすすめです。 バターを使う えぐみの原因「シュウ酸」は、カルシウムと結合すると、えぐみを感じにくい成分となります。 バターはカルシウムが豊富ですし、風味も付けられますので、うまくごかますときには最適です。 バター炒めにしたり、ムニエルにするのがおすすめです。 味や風味の強いものと合わせる 「強いものには、さらに強いものをぶつける」・・・といったイメージです。 たとえば・・・• カレー粉と混ぜる• 麻婆豆腐に入れる• 山椒と一緒に味わう• 細かく刻んで、ハンバーグに入れる• かつお節をまぶす などです。 たけのこの風味が弱くなるのはちょっと残念ですが、シャキシャキとした食感を楽しむことはできます。 えぐみで困ったときは、ぜひお試しください! まとめ 今回は、たけのこのえぐみをとる方法と、えぐみが残ったときの調理法を紹介しました。 えぐみの少ないたけのこを選び、正しくアク抜きをすることで、かなり食べやすくなります。 また、うまくアク抜きしたつもりでも、残ってしまうときはあります。 とくに、大きなたけのこや、日にちが経っているものは、もともとえぐみが強いので大変です。 そんなときは、うまくごまかす調理法を参考にしてみてください。 たけのこは、食感や風味が素晴らしいだけでなく、からだにも良い食材です。 おいしく食べて、健康な毎日を過ごしましょう! たけのこが気になるあなたへ。 おすすめの記事です。 たけのこを、まとめて知りたいあたなはコチラです。

次の