ひとりひとり 表記。 ひとりひとり

ひとり と 一人 と 1人 の使い分け

表記 ひとりひとり 表記 ひとりひとり 表記 ひとりひとり

それが「ひとりひとり」となると、選択肢は一気に増えます。

14

「一人一人」と「一人ひとり」とは、どう違うのですか?|漢字文化資料館

表記 ひとりひとり 表記 ひとりひとり 表記 ひとりひとり

もちろん、「一人一人確認する」「ひとりひとり確認する」でなにがいけないんだ、という人もいることでしょう。 仮名遣いや漢字については、原則的には執筆者の表現を尊重するものかな、と思っていたのだけれど、起案から帰ってきた原稿には、冊子全体を通じて、表記法を統一するようにという指摘がいくつかあった。

19

「子供」「子ども」「こども」の表記、どの書き方がいいのか?

表記 ひとりひとり 表記 ひとりひとり 表記 ひとりひとり

(「1人」「一人」「独り」の使い分けは各社基本的に同じ) ちょっと気になるのは下記の2点。 言い換えれば、 「どれを使えば正しい」「どちらが正しい」などの定義はないということです。

6

文化庁

表記 ひとりひとり 表記 ひとりひとり 表記 ひとりひとり

個人的な意見ですが、 これは文章を書く上で かなり便利な方法のひとつです。 しかし、現在では、「ともだち たち」などと表現されるように、単数であるか複数であるかに関係なく用いられています。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。

12

「お客様お一人おひとり」と書かれていますが後の「おひとり」は漢字で

表記 ひとりひとり 表記 ひとりひとり 表記 ひとりひとり

人ごと。 新聞や一般の出版物の句点の打ち方は、おおむね下記のようなルールになっています。 「文部省の用字用語例」とは、「文部科学省用字用語例」 平成23. 参考程度にでもなれば幸いです。

9

「ひとりひとり」という時の漢字の書き方

表記 ひとりひとり 表記 ひとりひとり 表記 ひとりひとり

「子ども」と書く理由には, 『子ども』の表記について、 最近テレビ(NHK)や公的パンフレットでよく見る『子ども』の表記がどうしてもおかしく感じます。 手もとの資料を確かめてみました。

「一人ひとり」という表記

表記 ひとりひとり 表記 ひとりひとり 表記 ひとりひとり

「的」は「まと」ですから、「その条件」自体が「まと」であり、「的を射ている(条件に合っている)」ということでしょうね。 5 文章全体の注釈、クレジットなどを加える場合は、パーレンの前に句点をつける 例 きょうは天気予報がはずれてひどい雨降りでした。

6

「お客様お一人おひとり」と書かれていますが後の「おひとり」は漢字で

表記 ひとりひとり 表記 ひとりひとり 表記 ひとりひとり

基本的に使い分けの判断は、使用する場面の流れなどで判断します。 4 文末に注釈などを加えるパーレン(丸カッコ)を使うときは、そのあとに句点をつける 例 気象予報士は苦笑しながらコメントを終えたが、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった 笑。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。