東急トランセ 派遣。 年収:501〜700万円の【東急バス】を含む求人・転職情報|【リクナビNEXT】で転職!

就職力

東急トランセ 派遣

仕事内容 >>地元のご高齢者・学生・主婦の方など、多くの方に親しまれているバスです。 東京都・神奈川県の人々の交通インフラとしてご利用いただいている東急バス。 今回募集するのは、東急トランセ受託の「東京都世田谷区内」「神奈川県川崎市内」の路線担当です。 配属になる営業所によって、担当する路線が決まります。 大型自動車二種免許をお持ちでない場合は、教習所へ通うところから。 大型バスの運転は、普通自動車とは体感速度から違うもの。 さらに大勢のお客様が乗っている場合、運転にはコツが必要です。 このあたりは教習所の教官や先輩運転士が教えるのでご安心ください(詳細は、下記【教育制度】をご覧ください)。 お客様の命を運ぶバスは、安全性が第一。 そのため運転士の労働環境にも配慮しています。 たとえば急な残業は極力減らし、有給休暇も遠慮なくとれる環境に。 プライベートの充実が仕事の充実につながると考え、産休・育休制度も整えています。 たとえば「D-1グランプリ」。 会社の代表となった運転士が他社とドライビング技術を競う大会です。 入賞者には、豪華な賞品がプレゼントされます。 地元への貢献も、私たちの重要な仕事だと考えています。 免許の取得が主な仕事となります。 駐車場を用意。 社員の多くがクルマ通勤です。 有給消化率95%以上。 連休をとり、海外旅行へ行く社員も少なくありません。 昨年もお休みをとった社員がいます。 それが当社流です。 有給休暇をとるのに遠慮はいりません。 また産休・育休を所得するメンバーも多く、社員の定着率は高めです。

次の

株式会社東急トランセ 【東急バス株式会社100%出資】の転職・求人情報

東急トランセ 派遣

厳選採用が続く就職戦線に対して、「専門性を活かしたキャリア形成」と「夢や希望を実現する就職活動」のための徹底した支援を行っております。 「専門力」については、文系学部も含め学生全員が研究室に所属し、卒業研究に取り組むことでその力を磨きます。 また卒業生の協力により「職業的態度」の向上の機会や、就職指導の専門家が設計した「就職活動力」を身に付けられる充実した支援プログラムなど、卒業生と教職員が一丸となって学生に対してさまざまな取り組みを行っています。 たとえば、入学時から全員に「キャリアポートフォリオ」を活用できる環境を整え、大学生活の記録(財産)を蓄積させたり、半年毎に「目標設定」、「振り返り」、「目標再設定」を行う機会を設け、自ら行動するチカラを醸成したりしています。 また、1年ごとに学生の履修履歴や課外活動履歴など学生の活動が確認できる「プレ・ディプロマサプリメント」を提供し、1年間の成果を客観的に把握できるシステムを導入しています。 カリキュラムにもキャリア教育が組み込まれており、低学年次から就職意識を高めていけるだけでなく、キャリア意識と成長度合いをチェックする診断を1~3年次に毎年実施し、一人ひとりの進路意識の成長を後押ししています。 また、国内外のインターンシップにも力を入れています。 東急グループ各社をはじめ、多くの企業とのインターンシッププログラムは学生にとって社会を知る良い機会になっており、多くの成果を挙げています。 文部科学省のキャリア支援関連事業に採択されるなど、本学のキャリア教育は社会で高く評価されており、『就職に強い都市大』と言われています。 本学におけるキャリア教育、キャリア形成支援について キャリア教育については、入学時から全員に「キャリアポートフォリオ」を活用できる環境を整え、大学生活の記録(財産)を蓄積させる取り組みや半年毎に「目標設定」、「振り返る」、「目標再設定」を行う機会を設け、自ら行動するチカラを醸成させます。 また、カリキュラムの中にキャリア教育を取り入れ、低学年次から就職意識の向上を図っているほか、キャリア意識と成長度合いをチェックする診断を1年から3年生では毎年実施し、一人ひとりの進路意識の成長を後押ししています。 また、国内外のインターンシップにも力を入れ、企業との強いパイプを活かしたインターンシッププログラムを実施し、多くの成果を挙げています。 こうした取り組みが、文部科学省のキャリア支援関連事業で認められ、4事業連続で補助金支給の対象として採択されており、本学のキャリア教育が高く評価されている証と考えています。 東京都市大学大学院は2研究科7専攻12領域を擁し、それぞれの分野で卓越した研究を行っており、理系学部では約3割が大学院へ進学しています。 就職担当教員、キャリア支援センター職員が、様々な相談、要望に対応しアドバイスを行います。 キャリア支援センター職員の多くはキャリアカウンセラー資格保有者であり、キャリアにかかわることはどんなことでも安心してご相談頂けます。 また、創立90周年を迎えた就職実績により、多くの優れた人材を世に送り続け、産業界を中心に活躍する卒業生と強力に連携し、「学内企業説明会」をはじめ、業界・仕事研究等の支援を行っております。 多くの企業に「学校推薦制度」があることは、卒業生の活躍と産業界から本学の学生に対する期待の証です。 その他、Uターン就職対策では地方自治体との連携や公務員、教職員採用への対策も強化しています。 是非オープンキャンパスの機会などに、東京都市大学のキャリア支援を見に来てください。 お待ちしています。 就職バックアップのここがポイント! 東急グループや奨学金を受けた海外インターンシップ。 東京都市大学(都市大)が属する東急グループ各社をはじめとする多くの企業で、「単位認定型インターンシップ」を実施。 また都市大で独自に開拓をした海外へのインターンシップ生の派遣も、学生の成長に対して確実な成果を挙げています。 参加企業も上場企業はもとより、その関連企業やこれから成長が期待される優良企業ばかり。 業種・業態も電気・電子・通信、情報、原子力、エネルギー、環境、建築・土木、自動車、製薬・化学、食品、鉄道・航空・交通、印刷、広告、不動産関連など多種多様です。 各業界から日本の屋台骨を支える企業が数多く参加していることは、産業界からの本学学生に対する期待の証といえるでしょう。 学生にとっても、企業選択のヒントを得られるだけでなく、企業とのマッチングにつながる貴重な機会となっています。 まず入学後、キャリア意識などをチェックする診断を毎年実施。 就職活動開始とともに全学生を対象にキャリアカウンセラーや就職担当の教職員と面談を行い、都市大ならではの手厚いキャリアサポートの理解に努めます。 さらにキャリアカウンセラーによる面接指導や履歴書添削、自己分析など個別相談・指導を継続的に進めながら、就職活動のあらゆる局面をフォローアップ。 この間、学内で行われる就職イベントは1年で100回以上を数えます。 約100日間の準備教育、4か月間のオーストラリア留学に挑戦します。 英語で学び、考え、議論するチカラを身につけることを目標としています。

次の

就職力

東急トランセ 派遣

厳選採用が続く就職戦線に対して、「専門性を活かしたキャリア形成」と「夢や希望を実現する就職活動」のための徹底した支援を行っております。 「専門力」については、文系学部も含め学生全員が研究室に所属し、卒業研究に取り組むことでその力を磨きます。 また卒業生の協力により「職業的態度」の向上の機会や、就職指導の専門家が設計した「就職活動力」を身に付けられる充実した支援プログラムなど、卒業生と教職員が一丸となって学生に対してさまざまな取り組みを行っています。 たとえば、入学時から全員に「キャリアポートフォリオ」を活用できる環境を整え、大学生活の記録(財産)を蓄積させたり、半年毎に「目標設定」、「振り返り」、「目標再設定」を行う機会を設け、自ら行動するチカラを醸成したりしています。 また、1年ごとに学生の履修履歴や課外活動履歴など学生の活動が確認できる「プレ・ディプロマサプリメント」を提供し、1年間の成果を客観的に把握できるシステムを導入しています。 カリキュラムにもキャリア教育が組み込まれており、低学年次から就職意識を高めていけるだけでなく、キャリア意識と成長度合いをチェックする診断を1~3年次に毎年実施し、一人ひとりの進路意識の成長を後押ししています。 また、国内外のインターンシップにも力を入れています。 東急グループ各社をはじめ、多くの企業とのインターンシッププログラムは学生にとって社会を知る良い機会になっており、多くの成果を挙げています。 文部科学省のキャリア支援関連事業に採択されるなど、本学のキャリア教育は社会で高く評価されており、『就職に強い都市大』と言われています。 本学におけるキャリア教育、キャリア形成支援について キャリア教育については、入学時から全員に「キャリアポートフォリオ」を活用できる環境を整え、大学生活の記録(財産)を蓄積させる取り組みや半年毎に「目標設定」、「振り返る」、「目標再設定」を行う機会を設け、自ら行動するチカラを醸成させます。 また、カリキュラムの中にキャリア教育を取り入れ、低学年次から就職意識の向上を図っているほか、キャリア意識と成長度合いをチェックする診断を1年から3年生では毎年実施し、一人ひとりの進路意識の成長を後押ししています。 また、国内外のインターンシップにも力を入れ、企業との強いパイプを活かしたインターンシッププログラムを実施し、多くの成果を挙げています。 こうした取り組みが、文部科学省のキャリア支援関連事業で認められ、4事業連続で補助金支給の対象として採択されており、本学のキャリア教育が高く評価されている証と考えています。 東京都市大学大学院は2研究科7専攻12領域を擁し、それぞれの分野で卓越した研究を行っており、理系学部では約3割が大学院へ進学しています。 就職担当教員、キャリア支援センター職員が、様々な相談、要望に対応しアドバイスを行います。 キャリア支援センター職員の多くはキャリアカウンセラー資格保有者であり、キャリアにかかわることはどんなことでも安心してご相談頂けます。 また、創立90周年を迎えた就職実績により、多くの優れた人材を世に送り続け、産業界を中心に活躍する卒業生と強力に連携し、「学内企業説明会」をはじめ、業界・仕事研究等の支援を行っております。 多くの企業に「学校推薦制度」があることは、卒業生の活躍と産業界から本学の学生に対する期待の証です。 その他、Uターン就職対策では地方自治体との連携や公務員、教職員採用への対策も強化しています。 是非オープンキャンパスの機会などに、東京都市大学のキャリア支援を見に来てください。 お待ちしています。 就職バックアップのここがポイント! 東急グループや奨学金を受けた海外インターンシップ。 東京都市大学(都市大)が属する東急グループ各社をはじめとする多くの企業で、「単位認定型インターンシップ」を実施。 また都市大で独自に開拓をした海外へのインターンシップ生の派遣も、学生の成長に対して確実な成果を挙げています。 参加企業も上場企業はもとより、その関連企業やこれから成長が期待される優良企業ばかり。 業種・業態も電気・電子・通信、情報、原子力、エネルギー、環境、建築・土木、自動車、製薬・化学、食品、鉄道・航空・交通、印刷、広告、不動産関連など多種多様です。 各業界から日本の屋台骨を支える企業が数多く参加していることは、産業界からの本学学生に対する期待の証といえるでしょう。 学生にとっても、企業選択のヒントを得られるだけでなく、企業とのマッチングにつながる貴重な機会となっています。 まず入学後、キャリア意識などをチェックする診断を毎年実施。 就職活動開始とともに全学生を対象にキャリアカウンセラーや就職担当の教職員と面談を行い、都市大ならではの手厚いキャリアサポートの理解に努めます。 さらにキャリアカウンセラーによる面接指導や履歴書添削、自己分析など個別相談・指導を継続的に進めながら、就職活動のあらゆる局面をフォローアップ。 この間、学内で行われる就職イベントは1年で100回以上を数えます。 約100日間の準備教育、4か月間のオーストラリア留学に挑戦します。 英語で学び、考え、議論するチカラを身につけることを目標としています。

次の